Home » コラム » グラグラした歯を動かさないで

グラグラした歯を動かさないで

2014.12.22

皆さん、歯がグラグラした経験はありますか?ほとんどの方が子供の時に乳歯から大人の歯に代わるときに経験していると思います。なぜ乳歯が抜け代わるかというと、大人の歯が生える時に、子供の歯の根を吸収するからです。

木に例えれば 木の根がなくなり、幹や枝だけになった木がコロンと倒れてしまう現象に似ています。

ところが、大人の歯がグラグラするほとんどの場合は歯周病を悪化させてしまった時に起こります。先ほどの木で例えると幹や枝や根はあるのに、土がなくなってしまってコロンと倒れてしまう現象です。

歯が揺れるとほとんどの方は気になって触りたくなります。

歯を舌で押してみたり指でグラグラさせてみたりということをしてしまいがちです。

グラグラ動く歯を動かすことはとても危険な行為です。

木を揺さぶると、根を包んでいた土は少なくともどこか失われます。崖崩れで木が倒れてしまうように土台がなくなれば歯もコロンと倒れてしまいます。グラグラと揺さぶる行為は、土台を失わせる行為そのもので、歯の場合は、歯槽骨という骨が溶けて歯周病を進行させてしまいます。悪くなった歯は大抵、伸びてくるので、上下の歯が強く当たる現象が見られます。伸びた歯の状態で噛むと、噛めば噛むほど歯が強く骨に押し込まれ歯槽骨が溶けることがあります。骨が溶けることが歯周病で歯を失う最大の原因です

歯を指や舌で動かすことは骨にダメージを与える危険な行為ですので出来るだけ動かさないように気をつけましょう。歯が動くことは健康ではない状態です。痛みや違和感がなく進行してしまう歯周病の症状の一つが歯の動揺です。歯が動き始めたら悪化していると考えられます。骨が失われている可能性は高いかもしれません。

一度歯周病が原因で失われた歯槽骨は、治療をしてもほとんど再生されません。

骨の再生療法という最新の治療が聞かれますが、骨を溶かしてしまう前に予防をしておくことが望ましいと思われます。悪化してグラグラして噛めなくなってから歯科医院に来るのではなく、トラブルのない健康な状態の時に検査やクリーニングをしておくことをお勧めいたします。骨が溶けてしまう前に、定期検診などをご利用して予防に努めるようにしましょう。歯がグラグラしている方は早めに歯科医院へご相談ください。

ページトップへ戻る