Home » コラム » 永久歯の先天性欠如について

永久歯の先天性欠如について

2015.2.20

永久歯は上下合わせると28本、親知らず4本すべて合わせると32本あります。ただ永久歯が何かの原因で作られず欠損してします事があります。これを永久歯先天性欠如と言います。1歯から数歯に見られる事があり、日本小児歯科学会によればこのような子が約10人に1人の割合でいると言われています。
これは通常、乳歯の下で将来永久歯になる“歯胚”と言うものが何らかの影響で作られなくなってしまう事によって生じます。
永久歯の先天性欠如の原因は明らかになっていませんが、遺伝や全身疾患、栄養欠如、薬物の副作用などが原因と考えられています。但しはっきりとした原因や因果関係は不明です。
好発する頻度は上あごよりも下あごの方が高く、部位は側切歯と言われる前から数えて2番目の永久歯と、第2小臼歯と言われる前から数えて5番目の永久歯で見られる事が多いと言われています。欠損歯の左右差はないとも言われています。
永久歯が生えてこないと、本来抜けるべき乳歯が残存します。この乳歯はこれから一生残存し続けることはなく、また永久歯に比べて虫歯になりやすく、個人差はありますが徐々に歯根の吸収が生じ抜けてしまいます。
欠如歯が見つかった場合、経過観察を含めた長期的な治療計画をたて、適切な時期に適切な治療を行っていく必要があります。欠如歯が見つかったからと言って、時期をあせって抜歯をし、その欠損部位をブリッジやインプラントで処置してしまうと、顎骨の成長を妨たげたり歯牙を傷つける事になり危険です。将来的に抜歯や脱落など、欠損を生じる結果になると考えたとしても、残存する乳歯のお手入れをしっかりとして歯並び等に悪い影響が出ないよう長期的な管理を行うことが大切です。
先天性欠如の治療方法ですが、歯を動かす矯正治療、欠損した歯の両隣の歯を削ってスペースを補う数本が一体型になったブリッジと言う差し歯、インプラントと言う治療方法があります。これらの治療は顎の骨や欠損の状態を考慮して行っていく必要があります。またこの中には保険のきかない治療方法もありますので注意しましょう。
よって、先天性欠如が発見された場合はかかりつけの歯科医師と相談し、定期検診を含めた歯並びや咬み合わせなどに影響が出ないように治療を行っていく事が重要です。

ページトップへ戻る